操り獅子 あやつりじし

その他の画像全9枚中9枚表示

無形民俗文化財 / 沖縄 

選択年月日:20040206
保護団体名:名護市川上区、伊豆味区あやつり獅子舞保存会、謝名アヤーチ獅子保存会
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 操り獅子は、名護【なご】市川上【かわかみ】、国頭【くにがみ】郡本部町伊豆味【もとぶちょういずみ】、同郡今帰仁村謝名【なきじんそんじゃな】の沖縄県下三か所での伝承が確認されている糸操りの獅子舞である。いずれも、豊年祭の奉納踊りの最終演目として操られている。
 名護市、本部町、今帰仁村は、沖縄本島北部の本部半島に位置している。
 川上の豊年祭は、以前は毎年旧暦の八月八日をショウニチ(正日)として行われていたが、現在は不定期である。平成十五年においては、九月七日の晩、地区の公民館舞台において、一六演目の芸能が奉納された。その最後の演目が操り獅子である。また、奉納踊りはショウニチを挟んだ三日間行っていたが、現在はショウニチの一日のみ行うことになった。
 伊豆味の豊年祭は、五年マール(実施年から数え始めて五年目ごと)で実施され、旧暦八月九日、十一日、十五日の三日間、奉納踊りが踊られている。このうち操り獅子は十一日、ショウニチの最終演目である。
 謝名の豊年祭は、伊豆味と同様に五年マールで行われ、奉納踊りは旧暦八月九日、十一日、十三日、十五日、十七日に行われていたが、踊り手の若者が少なくなったことなどから、近年は旧暦八月十五日だけ行うようになった。操り獅子は、ここではアヤーチと呼ばれ、他と同様最後の演目である。その由来等については不明であるが、地元では三〇〇年くらい前から伝わっているといわれている。
 川上、伊豆味、謝名の各操り獅子は、その操作方法など基本的に共通している。
 操り獅子は、奉納踊りが上演されるバンクと呼ばれる舞台上に、獅子を遊ばせ…

関連リンク

操り獅子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宜野座の八月あしび
与島・櫃石の盆踊
多良間の豊年祭
与論の十五夜踊
勢理客の獅子舞
ページトップへ