太田八坂神社のエンヤーホー おおたやさかじんじゃのえんやーほー

無形民俗文化財 / 関東 

選択年月日:19991203
保護団体名:太田八坂神社氏子会
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 太田八坂神社のエンヤーホーは、七月二十六日・二十七日に行われる八坂神社の祭礼において、二十七日の夜に奉納される芸能である。エンヤーホーとは、無言劇とツクバシラ(つく柱)上で演じられる軽業の総称であり、軽業は無言劇の最終演目として演じられる。
 太田八坂神社のエンヤーホーの起源は定かではないが、その起源にまつわる伝承が残されている。それによると、軽業は、はじめ隣村の十日市場で行われていたが、ある年、大水が出たときにつく柱が川の流れに逆行して太田宿に流れ着き、それより以後、当地において、それが行われるようになったのだという。
 エンヤーホーは八坂神社の氏子によって受け継がれてきた。「祝頭【わどう】」を中心とする当番町によって一年を通じて祭礼の準備は進められる。祭礼は、みちきり行事である六月三十日のお注連縄おろしに始まるとされており、祭りの翌朝に、注連縄は外される。
 エンヤーホーは、八坂神社境内に二段組の二間四方の舞台を組み、かたわらに長さ九間のつく柱を立てて行われる。まず、「赤獅子」「青獅子」「かまきり」「おかめ」「ひょっとこ」等の張り子製の面をつけた演じ手が舞台上で無言劇を演ずる。
 軽業は無言劇の最後の一演目である。土地では、「つく柱から落ちたら生き埋め」といわれていたそうであり、演じ手は約一月間、精進の生活をするという。演じ手は、無言劇の赤獅子の面を被り、「昇【のぼ】り獅子【じし】」と称される。つく柱の上部から下がった縄二本のみで体を柱に固定し、逆さになって両手両足を広げたり、つく柱を揺らす所作を演ずる。また、柱上から五色の紙を撒き…

関連リンク

太田八坂神社のエンヤーホーチェックした作品をもとに関連する作品を探す

龍ヶ崎の撞舞
野田の津久舞
操り獅子
大崎八幡神社の能神楽
宜野座の八月あしび
ページトップへ