雄勝法印神楽 おがつほういんかぐら

無形民俗文化財 / 東北 

指定年月日:19961220
保護団体名:雄勝法印神楽保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 雄勝法印神楽が伝承される雄勝町は、宮城県東北部の複雑な海岸線が太平洋に迫る南三陸沿岸にあたる。
 この雄勝法印神楽は、現在、毎年定期的に行われるものとして旧暦二月十八日に同町船越【ふなこし】の船魂【ふなだま】神社をはじめ旧三月十五・十六日同町熊沢の五十鈴神社、旧三月十九日同町桑浜【くわはま】の白銀【しろがね】神社など町内九か所の神社や、三、四年目ごとに行われるものとして旧四月八日同町大浜の石【いし】神社、四月二十九日同町明神の塩釜神社など町内六か所の、合わせて一五か所の神社祭礼などで公開されている。
 この神楽は、仮設舞台で演じられるが、祭礼によっては舞台は神社境内のほかに、舟魂神社や五十鈴神社祭礼などでは、宮守【みやもり】と呼ばれる民家の庭に、楽屋となる拝殿や民家の一間に隣接して設けられる。二間(約三・六メートル)あるいは二間半(約四・五メートル)四方で、高さ一メートルほどの板敷きの上に畳を敷いた四方吹き抜けの仮設舞台を角材で組み上げ、天井には二本の木材を対角に渡し、大乗と呼ぶ天蓋をつるす。四方の柱と天井の木材に笹竹を付け、各柱の間には御幣【ごへい】を下げた藁縄を巡らすなどして舞台飾りとする。また舞台から少し離して高舞台(こぶたい)あるいは龍宮殿と呼ばれる一間(約一・八メートル)四方ほどの小さな舞台を設け、舞台との間に板を渡し、また楽屋と舞台との間にも板を渡して出入り道にする。
 神楽は、まず釜に湯を立てての湯立の神事の後に、神楽囃子の打ち鳴らしを行ってから始まる。楽屋と舞台を結ぶ橋の左右に、それぞれ太鼓を据え、間に笛が座り、舞人が登…

関連リンク

雄勝法印神楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大土地神楽
五島神楽
大崎八幡神社の能神楽
牡鹿法印神楽
阿刀神楽
ページトップへ