金平成園(澤成園) かねひらなりえん(さわなりえん)

名勝 / 東北 

青森県
黒石市
指定年月日:20060126
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 江戸時代末期から近代にかけて、津軽地方を風靡した「大石武学流」の庭園の一つである。政治家及び実業家であった加藤宇兵衛の求めに応じて、明治15年(1882)に第3代の高橋亭山が作庭に着手し、その弟子である小幡亭樹、池田亭月などの作庭家に引き継がれた後、明治35年(1902)に完成した。
 庭園は、主屋玄関の左手と主屋背後の広大な池庭から成り、特に後者は複雑な石組み汀線を持つ3つの池とその背後の築山に豪快な枯滝石組みを配置するなど、敷地の形状を活かして奥行きのある平明な雰囲気にまとめている。
 主屋の沓脱石からは、池の畔に打たれた巨大な「礼拝石」と一群の景石から成る蹲踞の2方向へと飛石が延び、築山の南のやや奥まった位置には「守護石」と呼ぶ円錐形の巨石を据えるほか、築山には巨大な「月見燈籠」が設けられるなど、独特の石の使い方や細部の意匠に「大石武学流」の作庭の流儀が見て取れる。
 「大石武学流」の独特の作風を良好に伝える優秀な庭園であり、主屋及び庭園を含む敷地の全体が概ね良好に遺存する点でも重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

金平成園(澤成園)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

揚亀園
鳴海氏庭園
旧菊池氏庭園(弘前明の星幼稚園庭園)
瑞楽園
みとろ苑庭園
ページトップへ