文化遺産オンライン

旧菊池氏庭園(弘前明の星幼稚園庭園)

きゅうきくちしていえん(ひろさきあけのほしようちえんていえん)

作品概要

旧菊池氏庭園(弘前明の星幼稚園庭園)

きゅうきくちしていえん(ひろさきあけのほしようちえんていえん)

名勝 / 東北

青森県

弘前市

登録年月日:20070726
管理団体名:

登録記念物

江戸時代末期から近代にかけて、津軽地方には「大石武学流」と称する作庭の流派が風靡した。そのうちの一つが旧菊池氏庭園で、昭和22年(1947)に主屋が全焼した後、昭和29年(1954)に菊池氏から聖母被昇天会に譲渡され、昭和31年(1956)以降は幼稚園の庭園として伝えられてきた。作庭の年代・経緯の詳細は不明であるが、明治時代後期に弘前に薬店を営んだ菊池長之の別邸に起源し、昭和初期に活躍した池田亭月の作庭になるものと推定されている。
 今は失われた主屋から、池の東南隅付近の岸辺に据えられた大きな「礼拝石」まで飛石が打たれ、現在でもその一部が残されている。池岸はすべて石で護岸され、複雑な形状を成す。礼拝石の前面のやや広い水面には円形の中島を配し、東南の池岸から石橋が架けられている。池の水面は西へと延び、築山の南からさらに西北の方向へと延びている。築山の斜面には、3つの景石を「くの字形」に配置した枯滝石組のほか、その左後方に富士山形をした「遠山石」が据えられており、聖母マリア像も立てられている。また、築山の東斜面や東北隅部に近い位置には、火袋石に三日月形の窓を彫り抜いた「野夜燈」と呼ぶ石燈籠が据えられている。庭園の背景にはクロマツ・サワラなどの常緑針葉樹が用いられているほか、築山の裾部及び池の周辺にはイトヒバ・ハイマツ・ビャクシンなどが植えられ、風土色を反映した樹種構成となっている。このような景石・石燈籠、植栽などに、大石武学流の流儀が見て取れる。
 以上のように、旧菊池氏庭園(弘前明の星幼稚園庭園)は、幕末から近代の津軽地方を風靡した大石武学流…

関連作品

チェックした関連作品の検索