鹿児島旧港施設 一丁台場 かごしまきゅうこうしせつ いっちょうだいば

近代その他 / 明治 / 九州 

鹿児島県
明治/1872頃
石造、延長117.9m
1所
鹿児島県鹿児島市本港新町
重文指定年月日:20071204
国宝指定年月日:
鹿児島県
重要文化財

 鹿児島旧港施設は、鹿児島市中心地の鹿児島港本港区に位置する港湾施設である。新波止と一丁台場は海岸埋立地の波除けとして、それぞれ弘化年間頃及び明治5年頃に築かれ、遮断防波堤は、鹿児島県による修築事業によって明治37年に竣工した。
 鹿児島旧港施設は、南九州における交通と海防の拠点として、近世から近代にかけて整えられた、鹿児島港の代表的遺構であり、また、築造が江戸末期に遡り、沖防波堤である新波止、技術の時代的特色をよく示す一丁台場及び遮断防波堤が、旧態を保持しながらまとめて残っており、港湾技術史上、高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

鹿児島旧港施設 一丁台場チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鹿児島旧港施設 遮断防波堤
鹿児島旧港施設 新波止
三角旧港(三角西港)施設 埠頭
三角旧港(三角西港)施設 後方水路
三国港(旧阪井港)突堤
ページトップへ