富田林興正寺別院 対面所 とんだばやしこうしょうじべついん たいめんしょ

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

江戸末期/1856
桁行16.8m、梁間6.3m、切妻造、正面唐破風造玄関付、本瓦及び桟瓦葺 渡廊下附属、桟瓦葺
1棟
重文指定年月日:20140918
国宝指定年月日:
富田林興正寺別院
重要文化財

富田林興正寺別院は,重要伝統的建造物群保存地区である富田林市富田林寺内町の中央に境内を構える真宗寺院である。本堂は,寛永15年(1638)の建立で,近畿地方における最古級の真宗本堂である。古式な平面や構造と江戸時代初期の装飾細部を兼備しており,初期の真宗本堂の成立過程を知る上で価値がある。本堂北に対面所,境内東南には鐘楼,東北に鼓楼が建ち,山門と御成門を開く。富田林興正寺別院は,本堂や対面所を中心に江戸時代末期に整えられた境内が良好に維持されており,富田林寺内町の歴史的景観に欠くことのできない存在として貴重である。

関連リンク

富田林興正寺別院 対面所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

富田林興正寺別院 御成門
富田林興正寺別院 山門
富田林興正寺別院 鐘楼
富田林興正寺別院 鼓楼
富田林興正寺別院 本堂
ページトップへ