勝興寺 大広間及び式台 しょうこうじ おおひろまおよびしきだい

宗教建築 / 江戸 / 中部 

富山県
江戸中期/1601-1700
大広間 桁行18.5m、梁間19.7m、一重、正面入母屋造、背面切妻造、
北面庇付、正面唐破風造玄関・背面寺務所及び小書院附属式台
桁行16.1m、梁間13.9m、一重、正面入母屋造、背面切妻造…
1棟
富山県高岡市伏木古国府
重文指定年月日:19951226
国宝指定年月日:
勝興寺
重要文化財

大規模な真宗寺院で、本堂は加賀藩前田家の援助のもとに建立された。広大な外陣は大梁を用いて柱を少なくし、また、内陣廻りには極彩色を施すなど近世後期の特徴をよくあらわしている。本堂の前方に建つ唐門は京都興正寺から明治時代に移築したもので、洗練された建築である。

作品所在地の地図

関連リンク

勝興寺 大広間及び式台チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勝興寺 御霊屋
勝興寺 台所
勝興寺 式台門
勝興寺 書院及び奥書院
勝興寺 本堂
ページトップへ