奥家住宅(大阪府泉佐野市南中樫井) 西土蔵 おくけじゅうたく にしどぞう

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸末期
土蔵造、桁行5.0m、梁間3.4m、二階建、切妻造、南面庇付、本瓦葺
1棟
大阪府泉佐野市南中樫井一九三番地
重文指定年月日:20150708
国宝指定年月日:
重要文化財

奥家住宅は,元和2年に帰農して当地に定着したとされる豪農の屋敷である。泉佐野市南端部の大阪湾沿岸に位置し,紀州街道に沿って屋敷を構える。主屋が享保12年(1727),表門が19世紀前半,東側の土蔵が19世紀中頃と推定されている。これらは泉南地方の大型民家としての価値が認められ,昭和44年に重要文化財となった。既指定の土蔵は発見された棟札から明治3年の建築と判明した。西土蔵は既指定の土蔵の西に接続し,取り合い部から明らかに古く,19世紀初期の建築と推定される。
今回,既指定の建造物と一体的な価値を有している西土蔵を加え,塀や土地を追加指定するとともに名称と範囲を整理し,屋敷の構成や景観の総合的な保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

奥家住宅(大阪府泉佐野市南中樫井) 西土蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧小西家住宅 衣装蔵
旧小西家住宅 二階蔵
旧小西家住宅 主屋
杉本家住宅 中蔵
杉本家住宅 隅蔵
ページトップへ