奥家住宅(広島県双三郡吉舎町) 土蔵 おくけじゅうたく どぞう

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

広島県
江戸後期/1811
土蔵造、桁行6.0m、梁間5.0m、二階建、切妻造、桟瓦葺
1棟
広島県三次市吉舎町敷地634番地
重文指定年月日:20160725
国宝指定年月日:
重要文化財

奥家は江戸時代末期には庄屋を務めていた家で,広島県北東部の山あいに屋敷を構える。主屋は天明8年(1788)に建築され,江戸時代後期の当地方を代表する民家として昭和53年に重要文化財に指定されている。
土蔵は主屋の背面に建つ内蔵形式の土蔵で,棟札や普請文書により文化9年(1812)の建築とわかる。また主屋の周囲には明治前期に遡る附属建物も保存されており,中国地方山間部における上層農家の屋敷構成を伝える希少な遺例として価値があり,土地と併せて保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

奥家住宅(広島県双三郡吉舎町) 土蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中村家住宅(滋賀県長浜市八木浜町) 土蔵
旧大國家住宅(岡山県和気郡和気町尺所) 蔵座敷
旧大國家住宅(岡山県和気郡和気町尺所) 中蔵
行永家住宅(京都府舞鶴市小倉) 新蔵
旧大國家住宅(岡山県和気郡和気町尺所) 乾蔵
ページトップへ