梅之木遺跡 うめのきいせき

その他の画像全3枚中3枚表示

集落跡 / 縄文 / 中部 

山梨県
縄文中期
山梨県北杜市
指定年月日:20140318
管理団体名:北杜市(平26・10・17)
史跡名勝天然記念物

 梅之木遺跡は,日本列島の中でも,縄文時代中期の遺跡の密集度が傑出している八ヶ岳南麓の東端部に位置し,標高770mから790mの西向き緩斜面に立地する,縄文時代中期中葉から末葉にかけての集落跡である。
 遺跡の中心はこの緩斜面上の環状集落であり,南北60m,東西20mの遺構のない楕円形の中央広場を取り囲むように,約150棟からなる竪穴建物群が東西・南北とも100mの範囲で広がる。環状集落の北側の急斜面下に流れる湯沢川左岸の河岸段丘上には,敷石建物や集石土坑からなる遺構群が存在するが,環状集落からこの遺構群に通じる道状遺構がこの北側急斜面で確認された。これを道状遺構(みちじょういこう)とした根拠は,明らかに段切造成されていること,踏み固められていること,出土土器は環状集落と同じ時期であること,環状集落と遺構群を最短距離で結んでいること等であり,全国的にみても類似例は少ない。
 八ヶ岳南麓にはおよそ3~5km間隔で縄文時代中期の集落遺跡が分布するが,その中でも,環状集落の構造と年代をはじめ,河岸段丘上の遺構群の実態や道状遺構の存在など,生活域すべての構造が判明した事例は他にない。

作品所在地の地図

関連リンク

梅之木遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下野谷遺跡
宮畑遺跡
和台遺跡
本野原遺跡
大清水上遺跡
ページトップへ