文化遺産オンライン

黒井峯遺跡

くろいみねいせき

概要

黒井峯遺跡

くろいみねいせき

史跡 / 関東 / 群馬県

群馬県

渋川市

指定年月日:19930402
管理団体名:

史跡名勝天然記念物

 浅間山・榛名山・赤城山の火山を擁する群馬県一帯には、火山噴火に伴う火山灰・軽石の推積によって埋没した多くの遺跡が認められている。これらの遺跡は、今まで不可能とされていた旧地表面の検出を可能にし、考古学研究に大きな成果をもたらした。
 群馬県のほぼ中央部、吾妻川に面した河岸段丘上にある黒井峯遺跡は、榛名山二ツ岳(西南約一〇キロメートル)の爆発で噴出した大量の軽石によって、短時間のうちに埋没した古墳時代後期の集落跡である。遺跡のある子持村一帯は、子持山南麓から流れる小河川と河岸段丘によって構成される。軽石はこの地域一帯を覆いつくし、薄いところで五〇~六〇センチメートル、厚いところで二メートルを測り、遺跡周辺は堆積の最も厚い地帯である。
 昭和五十七年、遺跡西辺部での軽石採取中、軽石層下より古墳・竪穴住居が埋没していることが確認され、注目を集めた。このため子持村教育委員会が、昭和五十八年から三か年計画で地中レーダー深査とトレンチ調査を実施し、台地中央部を中心に約一一〇か所の竪穴住居の凹地を確認した。一方、昭和六十年~六十二年に約四万平方メートルの発掘調査が行われ、竪穴住居・平地住居・平地建物・庭状遺構・畠・道・柵列・祭祀跡などからなる古墳時代後期の集落が極めて良好な状態で検出された。
 本遺跡の特徴は、短時間に降り積もった厚い軽石層に覆われたため、軽石層中に建物の壁・崩れかけた屋根・柴垣・綱代垣等が立ったままの状態で保存され、建物の上部構造が復元できること、古墳時代後期の地表面が後世の攪乱を受けることなく残されたため、集落を構成するさまざまな遺構が具体的に、しかも同時性を持って検出されたことである。
 調査区域内での集落は、人為的に踏み固められた硬化面の広がり、柴垣に囲まれた範囲などによって、竪穴住居を中心にいくつかの単位に分けることができる。この単位を構成する共通の遺構として、柴垣に囲まれた平地住居・平地建物・堀立柱建物・小区画に分けられた畠・祭祀跡等が存在する。また、碁盤目状に仕切られた一区画約四〇〇~五〇〇平方メートルの畠が垣の内外に接して設けられている。各単位の占有面積は約五〇〇~二〇〇〇平方メートルを測るが、規模によって建物数が異なり、六~一三棟によって構成されている。それぞれの単位は、幅約八〇センチメートルの幹線道と三〇センチメートル前後の枝道によって有機的に結ばれ、集落全体が構成される。その他の遺構として台地南斜面の湧き水を利用した水場、そこから流れ出る水を用いた水田、集落内には樹木痕跡等が認められている。
 また科学的分析結果から、残留脂肪酸により、外壁のない切妻屋の中で牛が飼われていたことが、プラント・オパール分析では、柴垣の構築材にブナ科の葉の付いた樹木が使用され、畠からは稲・ハトムギ・アズキ・麻・瓢〓(*1)等が栽培されていたことなどが判明した。
 以上のように、黒井峯遺跡では、古墳時代後期の集落の実態が、従来考えられてきた以上に複雑化した様相を持っていたことが明らかとなり、これからの集落論や古墳時代社会構造の認識に、新たな視点を与えた遺跡として貴重である。

黒井峯遺跡をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

竪穴 / 住居 / 集落 / 遺跡

関連作品

チェックした関連作品の検索