安国寺集落遺跡 あんこくじしゅうらくいせき

史跡 / 九州 

大分県
国東市
指定年月日:19920403
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

瀬戸内海西部に突出する国東半島は、両子山を中心とする一大火山であり、その山麓を多くの谷が開析している。安国寺集落遺跡は、このうちの田深谷の南側にあり、海岸より約二キロメートルに位置する弥生時代から古墳時代初頭の遺跡である。この付近には、海岸段丘が発達し、海岸には砂丘も形成されている。本遺跡の周辺には田深川が段丘を形成し、谷の両側の丘陵裾には小規模な扇状地がみられる。遺跡は、このような扇状地の扇端部に立地し、扇状地を刻む小さな谷は、遺跡を取り囲む自然河川とその水源となっている。またこの地は、中国・四国地方を指呼の間に見渡す海上交通の至便の地でもある。
 本遺跡は、大正十五年から昭和二年に実施された耕地整理事業の際に、多数の土器や大きな樹根が発見されて注目されることとなった。そして、戦後間もない昭和二十四年に、賀川光夫、鏡山猛らによって試掘調査され、多量の土器・木器などが良好に包含されていることが明らかになり「西の登呂」と評価された。以後、昭和二十五から二十七年に五次にわたって九州文化総合研究所と大分県教育委員会によって合同調査が実施された。発掘は、九州考古学界の総力と地理・地質・植物学の助力をえて大々的に行われ、この調査研究は九州地方の弥生時代研究の基礎となった。土器については東九州地方の弥生時代後期から古墳時代前期の土器形式『安国寺Ⅰ〜Ⅱ式』の基準資料となった。また遺跡での生業については、耕地面積の狭い脆弱な水稲耕作がおこなわれていたこと、海と山に近い遺跡立地や出土した動植物遺体の特徴から狩猟・漁撈・採集にも大きく依存していたことが明らかに…

作品所在地の地図

関連リンク

安国寺集落遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

面縄貝塚
唐古・鍵遺跡
原の辻遺跡
黒井峯遺跡
長崎県原の辻遺跡出土品
ページトップへ