屯田兵絵物語 附 屯田絵巻 とんでんへいえものがたり つけたり とんでんえまき

文書・書籍 / 明治 / 北海道 

廣澤 徳治郎
北海道
昭和初期/1943
本資料は、作者が小樽上陸から東旭川下兵村への入植、訓練、生活等の様子を描いた絵図と説明原稿からなる屯田兵絵物語(1冊)と屯田絵巻(全4巻)との計5点の歴史資料である。
1点 附4点
旭川市東旭川南1条6丁目3-26
旭川市指定
指定年月日:20160331
有形文化財(美術工芸品)

屯田兵絵物語は、絵図221枚と400字詰め原稿用紙188枚の説明原稿からなり、絵図は大正末期から昭和16年以前に描かれ、原稿執筆は昭和18年から19年と考えられる。
大分県から入植した一団が、小樽に上陸してから東旭川下兵村へ移動する様子、入植地の開墾、屯田兵としての訓練、当地での生活状況等、兵村に定着するまでの様子が絵図と文書で詳細に記録されている。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

屯田兵絵物語 附 屯田絵巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

滝川屯田兵文書(第二大隊第三中隊・第四中隊文書)
滝川屯田兵文書(第二大隊第三中隊・第四中隊文書)

滝川兵村屯田第二大隊第三中隊、同第四中隊

琴似屯田兵屋
太田屯田兵屋
美唄屯田兵屋
野幌屯田兵第二中隊本部
ページトップへ