和田屯田兵の被服庫 わだとんでんへいのひふくこ

近代その他 / 明治 / 北海道 

北海道
明治時代/1885
バルーン・フレーム形式
根室市西和田568番地の2
JR西和田駅から徒歩5分
北海道指定有形文化財

・和田屯田兵村は、明治19年(1886)6月東和田に220戸と、西和田に明治21年5月120戸と22年100戸の合わせて220戸が、それぞれ入地してできました。
・被服庫の建設は、明治18年と推定され、構造は、木造切妻屋根の平屋建で、屋根裏に物置を有し、その小屋の構造は、アメリカのバルーン・フレーム形式の手法(アメリカ西部開拓が生んだ独自の構造形式)を採用しています。
・屯田兵軍政機関の数少ない遺構の一つで、特に被服庫としては唯一の存在です。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

和田屯田兵の被服庫チェックした作品をもとに関連する作品を探す

琴似屯田兵屋
野幌屯田兵第二中隊本部
太田屯田兵屋
美唄屯田兵屋
新琴似屯田兵中隊本部
ページトップへ