中陣のニブ流し なかじんのにぶながし

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選定年月日:20180308
保護団体名:中陣ニブ流し保存会
備考:公開日:毎年7月最終日曜日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 本件は,富山県黒部市の中陣地区に伝承される眠り流し系統の行事で,子供たちが麦藁や色紙等で小型の船を作り,川に流して送る。ニブとは,ネブタと同じ語源を持つ呼称で,睡魔を意味するとされ,ニブ流しは,夏の時期に農作業等の労働を妨げる眠気や心身の穢れを作り物の船に託して流し送る行事であると伝えられている。
 ニブ流しは,7月最終日曜日の夕方に地区を流れる前川で行われる。子供たちは,中陣ニブ流し伝承者養成館の広場に各自で製作した船を持って集まる。一同が揃うと列を組み,船を曳きながら集落内を練り歩く。その後,子供たちは伝承者養成館前の土手から川に入り,下流のニブ橋までの間を歩きながら船を押し流す。
(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

中陣のニブ流しチェックした作品をもとに関連する作品を探す

尾山の七夕流し
五料の水神祭
須成祭の車楽船行事と神葭流し
滑川のネブタ流し
佐田岬半島の初盆行事
ページトップへ