臨時全国宝物調査関係資料 りんじぜんこくほうもつちょうさかんけいしりょう

文書・書籍 / 明治 / 関東 

東京都
明治時代
一、簿冊類 381 点
一、写真ガラス原板 1484点
一、紙焼付写真 3494点
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:20160817
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、明治21年(1888)に政府が宮内省に臨時全国宝物取調局を設置したことに前後して行われた近畿(畿内)宝物取調をはじめとする取調局が実施した宝物調査事業、および明治30年に同局廃止後帝国博物館(現・東京国立博物館)に事務が移管され、同33年まで継続された宝物鑑査事業に関係する資料群で、宝物目録や宝物台帳を中心とする簿冊類、近畿(畿内)宝物調査に同行した小川一真撮影を主とする写真ガラス原板および紙焼付写真から構成される。
 簿冊類381点のなかで大半を占める「宝物目録」186点は、取調局が府県郡町村を通じて各社寺・個人所有の宝物の目録提出を求め府県等がとりまとめたものである。「精細簿」、「参攷簿」111点は、現地における宝物鑑査の結果を清書した調書の台帳で、調査により評価した等級別に、名称、員数、材質、法量、作者、所有者が記録される。「宝物鑑査願書」12点は宝物を所有する社寺や個人から取調局または帝国博物館に提出された宝物鑑査の申請書である。
 写真ガラス原板1,484点は、明治21年から明治22年にかけて2度にわたり実施された近畿(畿内)宝物取調に同行した玉潤館の小川一真撮影になる四切サイズのゼラチン乾板が大半を占める。小川は多くの宝物を屋内で撮影したが、自然光が十分に取り入れられない場合には閃光を発するマグネシウムランプを使用するなど最新の技術を採用した。
 紙焼付写真3,494点は、府県、種別、等級別にまとめられた絹表紙画帖31冊(976点)、革貼表紙画帖3冊(132点)と、未綴の台紙付写真2,386点から構成され、プラチノタイプが3,476点と大半を占める。写真は、同一被写体に対し複数の構図を用い、特に彫刻では…

作品所在地の地図

関連リンク

臨時全国宝物調査関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書状
書状

芝山宣豊筆

法隆寺金堂壁画写真ガラス原板
紅白芙蓉図
紅白芙蓉図

李迪筆

法隆寺金堂壁画写真原板
東京府・東京市行政文書
ページトップへ