壬申検査社寺宝物図集 じんしんけんさしゃじほうもつずしゅう

その他の画像全16枚中16枚表示

歴史資料 / 明治 

町田久成、内田正雄、蜷川式胤等制作
明治5年(1872)
31.7×45.8
31冊のうち6冊
重要文化財

「壬申検査」は、明治新政府が取り組んだ最初の文化財調査で、名古屋・伊勢と近畿各地の寺院・神社・城郭などを調査対象とした。スケッチ、拓本、写真などによる詳細な記録が今に伝わり、その後の政府による文化財保護の基礎となった。

作品所在地の地図

関連リンク

壬申検査社寺宝物図集チェックした作品をもとに関連する作品を探す

名古屋市街
名古屋市街

横山松三郎撮影

古器物目録
法隆寺中門
法隆寺中門

横山松三郎撮影

正倉院
正倉院

横山松三郎撮影

京都御所紫宸殿
京都御所紫宸殿

横山松三郎撮影

ページトップへ