文化遺産オンライン

京都御所紫宸殿後面

作品概要

京都御所紫宸殿後面

写真 / 明治

横山松三郎撮影

明治5年(1872)

鶏卵紙、台紙付写真

22.8×27.9(27.8×36.9)

1枚

銘文:表:紫宸殿後面(墨)、「紫宸殿<ノ>後面北<清涼殿ノ東庭ナリ>」四枚之内(貼紙)/裏:四枚之内(墨)

重要文化財

壬申検査は明治5年(1872)に政府が企画した近代最初の文化財調査で、写真師横山松三郎が同行して積極的に撮影が行われた。京都では御所をはじめ東寺・広隆寺など主要寺院が対象だが、子細に見ると多くの写真にさりげなく人物を写しこんでいる。(冨坂氏執筆)(180904_h15)(古写真1399~1404)

京都御所紫宸殿後面をもっと見る

横山松三郎撮影をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

写真 / 御所 / 松三郎 / Palace

関連作品

チェックした関連作品の検索