法隆寺中門

写真 / 明治 

横山松三郎撮影
明治5年(1872)
鶏卵紙、ステレオ写真、台紙付写真
7.5×7.1(8.4×17.1)
1枚
重要文化財

★壬申検査関係写真のうち法隆寺分の説明です★明治5年(1872)の壬申検査では、正倉院宝物の調査が終了したあと、法隆寺の調査も行った。法隆寺調査は8月26日、27日、28日である。蜷川式胤の日記では、法隆寺の建築について「(聖徳)太子ノ時ノママニシテ実二驚ク建前ニテ」と絶賛している。

作品所在地の地図

関連リンク

法隆寺中門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法隆寺金堂釈迦三尊像 壬申検査関係写真
正倉院
正倉院

横山松三郎撮影

京都御所紫宸殿
京都御所紫宸殿

横山松三郎撮影

名古屋市街
名古屋市街

横山松三郎撮影

壬申検査社寺宝物図集
壬申検査社寺宝物図集

町田久成、内田正雄、蜷川式胤等制作

ページトップへ