強兵場扁額 きょうへいじょうへんがく

その他 / 江戸 / 山口県 

村田清風 (1783~1855)
むらたせいふう
山口県
江戸時代末期
船板・扁額
高36.0、幅99.0、厚5.0(cm)
1面
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

長州藩(萩藩)の天保改革立役者として知られる村田清風が揮毫した扁額。変形の船板に「強兵場」と横書きに浮刻し、文字に白色が施されている。長州藩の藩校明倫館にあったものといわれるが、館内に「強兵場」と称する場所はなかったため、練兵場に掛けられたものではないかと推測される。清風の藩政改革の基本方針であった富国強兵の一端を視覚的に示す実物資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

強兵場扁額チェックした作品をもとに関連する作品を探す

村田清風肖像画
明倫館練兵用西洋馬具
萩藩明倫古館之図
旧萩藩明倫館之図
相南三浦郡上宮田長藩陣営之図
ページトップへ