太刀 銘 国宗 たち めい くにむね

工芸  金工 / 鎌倉 / 日本 

鎌倉/13世紀
身長80.0 中心長18.8
一口
国宝

 国宗は鎌倉中期の備前直宗系の刀工で、備前三郎の名でも知られ、後に鎌倉に移り、相州鍛冶の基を開いたと伝えられる。腰反り高く、平肉豊かなこの太刀は、高い品位があり、地刃ともに健全である。八代宗勝は、はじめ分家の四谷家を継いだが、元文四年(一七三九)尾張本家に迎えられ藩主となった。この折に持参したのが本作である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 国宗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘国宗/〉
小太刀〈銘国宗/〉
太刀  銘 正恒
太刀〈銘国宗/〉
太刀  銘 光忠
ページトップへ