弘前市仲町(武家町 青森) ひろさきし なかちょう(ぶけまち あおもり)

その他の画像全5枚中5枚表示

武家町 / 安土・桃山 / 青森県 


弘前は津軽平野の南部にあり、慶長年間(1596~1614)に城下町が形成され、寛永5年(1628)に弘前と称された。保存地区は仲町と総称される武家町の一部である。道に面して生垣を植え、薬医門を開き、その奥に茅葺や板葺の主屋を配し、武家町を構成している。地割は江戸時代の姿をよく伝え、江戸時代末頃の主屋も残り、今日もなお侍屋敷の特性をよく維持している。

関連リンク

弘前市仲町(武家町 青森)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

弘前市仲町
安芸市土居廓中
日南市飫肥(武家町 宮崎)
津和野町津和野
旧笹森家住宅 附門
ページトップへ