庄内のばんどりコレクション しょうないのばんどりこれくしょん

その他の画像全10枚中10枚表示

有形民俗文化財 / 明治 / 日本 

山形県鶴岡市
藁工芸
116点
山形県鶴岡市
指定:1963(昭和38).5.15
致道博物館
重要有形民俗文化財

庄内地方では荷物を背負う時、背中に着ける背中当てを「ばんどり」と呼び、山、農、漁村を問わず広く使用された。
ばんどりは、藁を主材料とした手製品で荷のあたる表面に縄や紐を編んだり、結束したりして補強しているが、この網模様は、クッションの役目を果たすとともに、空荷の時目立つので、多分に装飾的な効果を持っている。特に婚礼の時、嫁入り道具を運ぶために使われる「祝いばんどり」には肩当を付けたり、色布や糸を編み込んで美しく飾ってある。
 ばんどりの名の由来は、つまびらかではないが、蓑にことをばんどりと呼ぶ地方もあり、蓑や背中当ての形が、ムササビ(ばんどり)に似ているところから名付けられたともいわれる。指定の内容は、まるばんどり47点、はねばんどり32点、しとばんどり10点、ねこばんどり6点、その他21点。

作品所在地の地図

関連リンク

庄内のばんどりコレクションチェックした作品をもとに関連する作品を探す

庄内のばんどりコレクション
庄内の仕事着コレクション
庄内の木製酒器コレクション
江名子バンドリの製作技術
致道館祭器 附絹本著色聖賢画像1幅
ページトップへ