庄内の仕事着コレクション しょうないのしごとぎこれくしょん

その他の画像全3枚中3枚表示

有形民俗文化財 / 江戸 / 日本 

山形県鶴岡市
江戸~昭和
126点
山形県鶴岡市
指定:1966(昭和41).6.11
致道博物館
重要有形民俗文化財

庄内地方では一般に「でたちなり」と呼んでいる仕事着は、丈の短い襦袢仕立のものが多く、下半身に、もんぺや、だふらを穿き、手甲、脚絆や前垂を着けるのが普通であった。
 北国では、木綿の普及が遅く、麻を主体とした衣生活が長く続いた。木綿は日本海航路で関西方面からもたらされたが、古手として移入されたものも多く、補修と補強のために糸で細かく刺して刺し子にしたり、ぼろ布は細かく裂いて、さきおりにして再利用した。
 また山野に自生する藤科、いらくさ、からむし、ぜんまいなどから繊維を取り、これを衣料にすることもよく行われた。衣生活の地域的特色を持つコレクションである。指定の内容は、長・短衣68点、袖なし49点、山袴9点。

作品所在地の地図

関連リンク

庄内の仕事着コレクションチェックした作品をもとに関連する作品を探す

庄内の仕事着コレクション
津軽・南部のさしこ着物
庄内のばんどりコレクション
南部のさしこ仕事着コレクション
オツヅレ(藤布の仕事着)
ページトップへ