佐田岬半島の裂織の仕事着 さだみさきはんとうのさきおりのしごとぎ

有形民俗文化財 / 昭和以降 / 愛媛県 

近現代
45点
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

佐田岬半島では、ツヅレ、オリコ、ニズリと呼ばれる裂織の仕事着が、明治・大正時代生まれの人たちを中心に、戦後しばらくまで着用されていた。それらは、袖のない衣服(袖なし)と、袖付きの衣服(袖付き)に大別される。袖の材質には、木綿の袖(紺無地、縞、絣、アツシ)と裂織の袖がある。袖の型は、巻袖が最も多く、他に筒袖、広袖も見られる。紺木綿の袖には刺子模様を施したものもある。
また、身頃の経糸には、白の木綿糸や、木綿の色糸、麻糸などを使っている。緯糸には、紺、茶などの地味な裂き布や、赤、紫などの派手な色布を使っているものも見られる。身頃の色合いは、同色系の布からなる単調なものや、多色系の布からなる縞模様や、色の違う経糸を用いて格子模様にしたものもある。
半島各地に伝わる裂織の仕事着の形態や材質はさまざまで、使用地である集落の特徴や、着用者、製作者の好みなどが反映されていると考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

佐田岬半島の裂織の仕事着チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ツギコシドンザ(刺子仕事着)
村上市上海府地区の藤布衣
女性用外衣(ハラト)
厚板 紫淡茶紺浅葱白段牡丹唐草模様
絣着物 黄地井桁崩模様
ページトップへ