文化遺産オンライン

厚板 紫淡茶紺浅葱白段牡丹唐草模様

あついた  むらさきうすちゃ こん あさ ぎ しろ だん ぼ たん から くさ も よう

作品概要

厚板 紫淡茶紺浅葱白段牡丹唐草模様

あついた  むらさきうすちゃ こん あさ ぎ しろ だん ぼ たん から くさ も よう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

厚板(絹)

1領

名品である。経糸(たていと)を紺・紅・浅葱・淡茶・紫・白の6色に染め分け、隣り合う縦縞の色を1色ずつずらしながら短冊形に色を織り出し、しかも全体としては段替わりの意匠となっている。上紋には名物裂(めいぶつぎれ)の模様である二重蔓牡丹唐草紋が織り出される。

厚板 紫淡茶紺浅葱白段牡丹唐草模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 織る / Noh /

関連作品

チェックした関連作品の検索