文化遺産オンライン

厚板 紅萌黄白段貝尽模様

あついた べにもえぎしろだんかいづくしもよう

作品概要

厚板 紅萌黄白段貝尽模様

あついた べにもえぎしろだんかいづくしもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

経糸(たていと)を3色に締め切って染め分け、地色を石畳状の段模様とする。上紋には海藻(かいそう)と貝の模様を縫取織(ぬいとりおり)で表わす。男性役の着付けに用いる厚板であるが、織物の組織は、経三枚綾地(たてさんまいあやじ)に縫取織で模様を表わした唐織である。負修羅物の若いシテ役にふさわしい有職風(ゆうそくふう)の意匠。

厚板 紅萌黄白段貝尽模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

織る / 模様 / 唐織 / Noh

関連作品

チェックした関連作品の検索