文化遺産オンライン

能装束 厚板唐織 白地菊唐草模様

作品概要

能装束 厚板唐織 白地菊唐草模様

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

男性役の着付に用いられたが、唐織でできている。唐草を円紋をつないだように表わし、八重菊と糸菊と2種の菊模様を交互に織り出した厚板唐織。唐草も菊の蕾や葡萄などを組み合わせた凝ったデザインである。出羽米沢藩、上杉家伝来。

能装束 厚板唐織 白地菊唐草模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / 織る / 模様 /

関連作品

チェックした関連作品の検索