文化遺産オンライン

厚板唐織 紅紫段花車破格子模様

あついたからおり べにむらさきだんはなぐるまやぶれごうしもよう

作品概要

厚板唐織 紅紫段花車破格子模様

あついたからおり べにむらさきだんはなぐるまやぶれごうしもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

唐織の技法で織られた華やかな模様の厚板は、江戸時代中期以降、能装束のデザインが豪華絢爛になる中で発展的に生まれた。男性役が上衣の下に着用する着付であるにも関わらず、華麗な意匠が施されている。若い公達や武士の役に用いられたものであろう。

厚板唐織 紅紫段花車破格子模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / 模様 / 織る /

関連作品

チェックした関連作品の検索