厚板唐織 紅紫段花車破格子模様 あついたからおり べにむらさきだんはなぐるまやぶれごうしもよう

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

唐織の技法で織られた華やかな模様の厚板は、江戸時代中期以降、能装束のデザインが豪華絢爛になる中で発展的に生まれた。男性役が上衣の下に着用する着付であるにも関わらず、華麗な意匠が施されている。若い公達や武士の役に用いられたものであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

厚板唐織 紅紫段花車破格子模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

厚板唐織 浅葱地石畳鉄線唐草模様
厚板 濃茶茶浅葱段雲龍鱗片輪車唐花模様
能装束 厚板唐織 白地菊唐草模様
厚板 紺茶段藤棚模様
厚板 紅萌黄白段貝尽模様
ページトップへ