文化遺産オンライン

厚板 紅地入子菱丸紋散模様

あついた べにじいれこびしまるもんちらしもよう

作品概要

厚板 紅地入子菱丸紋散模様

あついた べにじいれこびしまるもんちらしもよう

染織 / 安土・桃山

安土桃山時代・16世紀

1領

茶味がかった紅地に有職風の地紋を織り出し、上紋に向鶴丸紋、沢潟紋、桐丸紋などを散らしたデザインは、慶長期の唐織の特徴である。仕立替の跡が見られ、かつては成人用の唐織だったが、江戸時代になって子方用の厚板に仕立て替えたことがうかがえる。

厚板 紅地入子菱丸紋散模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / / / 模様

関連作品

チェックした関連作品の検索