文化遺産オンライン

唐織 紅地花菱亀甲鶴菱模様

からおり  べにじはなびしきっこうつるびしもよう

作品概要

唐織 紅地花菱亀甲鶴菱模様

からおり  べにじはなびしきっこうつるびしもよう

染織 / 安土・桃山

安土桃山時代・16世紀

1領

地紋に亀甲文や菱文など有職(ゆうそく)風の模様を織り出すのが初期唐織の特色。地紋に花入り亀甲模様を、上紋に鶴を上下に向かい合わせた鶴菱模様を織り出した唐織。初期唐織は絵緯(えぬき)糸がふっくらと渡っているため、まるで刺繍のような効果をもたらしている。(20080923_h09)(20140102_h09)

唐織 紅地花菱亀甲鶴菱模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / 模様 / 織る /

関連作品

チェックした関連作品の検索