唐織 紅地花菱亀甲鶴菱模様 からおり  べにじはなびしきっこうつるびしもよう

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1領

地紋に亀甲文や菱文など有職(ゆうそく)風の模様を織り出すのが初期唐織の特色。地紋に花入り亀甲模様を、上紋に鶴を上下に向かい合わせた鶴菱模様を織り出した唐織。初期唐織は絵緯(えぬき)糸がふっくらと渡っているため、まるで刺繍のような効果をもたらしている。(20080923_h09)(20140102_h09)

作品所在地の地図

関連リンク

唐織 紅地花菱亀甲鶴菱模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐織 紫地入子菱繋丸紋散模様
唐織 濃緑地花菱亀甲藤巴模様
唐織 萌黄地花唐草菱繋模様
厚板 紅地入子菱丸紋散模様
唐織 紅地七宝繋額模様
ページトップへ