文化遺産オンライン

唐織 浅葱地松皮菱花熨斗模様

からおり あさぎじまつかわびしはなのしもよう

作品概要

唐織 浅葱地松皮菱花熨斗模様

からおり あさぎじまつかわびしはなのしもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

唐織は室町時代末期に日本で織られ始めた織物で、江戸時代には能舞台で女性役を演じる際の表着に使用された。模様が刺繍のような風合いで織り出され、金糸がふんだんに織り込まれた華麗な織物。能《船弁慶》では、静御前の役が着流しで着用する。     

唐織 浅葱地松皮菱花熨斗模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / 織る / Karaori /

関連作品

チェックした関連作品の検索