文化遺産オンライン

唐織 茶地格子菊折枝模様

からおり ちゃじこうしきくおりえだもよう

作品概要

唐織 茶地格子菊折枝模様

からおり ちゃじこうしきくおりえだもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

唐織とは、縫取織(ぬいとりおり)で刺繍(ししゅう)のように模様を織り出した日本独特の織物。能装束では主として女性役の表着(うわぎ)に用いる。江戸時代中期以降は金糸を織り込んで華麗に仕立てた。中年女性を演じる場合には、紅色を控えた秋草模様を織り出した唐織が好まれた

唐織 茶地格子菊折枝模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / 織る / / Karaori

関連作品

チェックした関連作品の検索