文化遺産オンライン

唐織 茶地石畳御所車夕顔模様

からおり ちゃじいしだたみごしょぐるまゆうがおもよう

作品概要

唐織 茶地石畳御所車夕顔模様

からおり ちゃじいしだたみごしょぐるまゆうがおもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

 唐織は、能の舞台で主として女性の役を演じるシテ(主役)が着用する。模様は刺繍のように見えるが織り模様である。若い女性役には紅入、中高年の女性役には紅無が用いられる。御所車と夕顔の模様は『源氏物語』の「夕顔」の巻をモティーフとしたのであろう。

唐織 茶地石畳御所車夕顔模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / Karaori / 女性 / 模様

関連作品

チェックした関連作品の検索