文化遺産オンライン

唐織 紅白段牡丹若松孔雀羽模様

からおり  こうはくだんぼたんわかまつくじゃくはねもよう

作品概要

唐織 紅白段牡丹若松孔雀羽模様

からおり  こうはくだんぼたんわかまつくじゃくはねもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

絹製

1領

中国において「牡丹」は富貴の花とされ、美女に喩えられた。日本においても「顔佳花」と称され美人をして「立てば芍薬、座れば牡丹」とたたえられた。能装束では若い女性役を演じる際に用いる唐織にデザインされ、宮廷女性など高貴な女性役に用いられる。

唐織 紅白段牡丹若松孔雀羽模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / / Karaori / 女性

関連作品

チェックした関連作品の検索