文化遺産オンライン

唐織 紅地七宝繋額模様

からおり べにじしっぽうつなぎがくもよう

作品概要

唐織 紅地七宝繋額模様

からおり べにじしっぽうつなぎがくもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

地紋(じもん)の七宝繋ぎ模様をすべて平金糸で織り出し、上紋(うわもん)は、額の中の画面にも、さまざまな細かい模様が織り出されている。江戸時代中期以降、能を好んだ大名家では、花鳥だけではなくさまざまな器物(きぶつ)を織り出した個性ある唐織を特別にあつらえさせた。(制作年不詳)

唐織 紅地七宝繋額模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / 織る / 模様 / Karaori

関連作品

チェックした関連作品の検索