文化遺産オンライン

唐織 白地枝垂桜模様

からおり しろじしだれざくらもよう

作品概要

唐織 白地枝垂桜模様

からおり しろじしだれざくらもよう

染織 / 安土・桃山

安土桃山時代・16世紀

丈110.5 裄57.0

1領

唐織とは綾地に絵緯(えぬき)糸で模様を縫取織(ぬいとりおり)にした日本の織物である。この唐織は枝垂桜(しだれざくら)の樹を1つの単位模様とし、一幅に2つづつ模様を繰り返す。このような反復模様は安土桃山時代に製作された唐織の特色の1つである。江戸時代に子方(こかた)の装束に仕立てかえられた。

唐織 白地枝垂桜模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / 織る / 模様 / Karaori

関連作品

チェックした関連作品の検索