摺箔(子方) 紫地色紙葡萄模様 すりはく こかた  むらさきじしきしぶどうもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1領
重要文化財

紫練緯(ねりぬき)地に葡萄の立木と色紙を金摺箔で表すこの作品は、子方(こかた)の装束ながら技術が秀逸であること、及び衣装が格調高く優雅であることにおいて現存する摺箔の作品中最高水準に位置する一領である。

作品所在地の地図

関連リンク

摺箔(子方) 紫地色紙葡萄模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能装束〈色紙葡萄文摺箔/〉
能装束〈紅白段草花短冊八橋文繍箔/〉
縫箔(子方) 白地桐鳳凰芦桜雪持竹肩裾模様
摺箔 白地露芝模様
黒紅地熨斗藤模様繍箔小袖
ページトップへ