胴箔地松藤模様縫箔 どうはくじまつふじもようぬいはく

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  染織 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代中~後期(刺繍のアップリケ部分は桃山時代)/18-19世紀
胴箔地(繻子地)
丈147.0cm 裄69.5cm
1領
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

縫箔は能装束の一種で、刺繍と金銀の摺箔で模様をあらわした小袖をさす。主に女性役に用いられ、袖を通さず腰巻にして水衣や長絹などの上着を着る場合が多く、貴族や童子などの着付にも用いられる。この縫箔は、裾から立ち上がる松樹に大振りの藤が咲き誇る、大胆な模様構成である。黒繻子地に模様を刺繍したものを切り抜いて本体に縫い付け、肩山の空間を埋めるために藤の葉や蔓を刺繍している。模様の周囲には白糸の蛇腹伏(撚糸による縁取り)をまわす。松樹の幹は紫・浅葱・萌葱の色糸で縫い分けており、このような表現は桃山風とされる。

作品所在地の地図

関連リンク

胴箔地松藤模様縫箔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白繻子地観世水文様縫箔
白綸子地紗綾形花卉模様打掛
縫箔 紅白緑紫段籠目杜若模様
繍入り摺箔 白地鉄線唐草桧扇草花文様
紫地竹模様袷狩衣
ページトップへ