文化遺産オンライン

縫箔 白地秋草雲模様

ぬいはく  しろじあきくさくももよう

作品概要

縫箔 白地秋草雲模様

ぬいはく  しろじあきくさくももよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

刺繡と金銀の箔で模様を表した小袖形の能装束。主に女性役が腰巻として使用するが、公達など風雅を好む男性役が着付として上着の下に着用する場合もある。金銀の刺繡糸で彩られた雲間に菊、萩、女郎花などの秋草を刺繡した縫箔は、落ち着いた中年女性のイメージ。

縫箔 白地秋草雲模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / / / 縫箔

関連作品

チェックした関連作品の検索