文化遺産オンライン

小袖 紅縮緬地竹雀菊模様

こそで べにちりめんじたけすずめきくもよう

作品概要

小袖 紅縮緬地竹雀菊模様

こそで べにちりめんじたけすずめきくもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

縮緬を高価な紅で染め、伝統的な竹に雀を組み合わせた模様と、白菊を雅やかに刺繍した小袖は、宮廷の女性が日常着に用いたデザインです。源氏雲と称される雲を表したり、特徴ある糸菊の模様などは、江戸時代後期、公家女性の小袖に典型的なデザインでした。

小袖 紅縮緬地竹雀菊模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 小袖 / 縮緬 / 女性

関連作品

チェックした関連作品の検索