文化遺産オンライン

小袖 紫紋縮緬地鯉瀧模様

こそで むらさきもんちりめんじこいたきもよう

作品概要

小袖 紫紋縮緬地鯉瀧模様

こそで むらさきもんちりめんじこいたきもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 菊牡丹蝶などの模様を織り出した華やかな紋縮緬に立菊葉紋の五所紋を白く染め上げた裾(すそ)模様の小袖。波模様を白く染め上げ、金糸で刺繍(ししゅう)した活力あふれる鯉の模様は、武芸を尊ぶ武家女性の気概を表す模様であるといえよう。武家屋敷に勤める奥女中の料か。

小袖 紫紋縮緬地鯉瀧模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 小袖 / / 武家

関連作品

チェックした関連作品の検索