文化遺産オンライン

小袖 紫縮緬地芦鷺模様

こそで むらさきちりめんじあしさぎもよう

作品概要

小袖 紫縮緬地芦鷺模様

こそで むらさきちりめんじあしさぎもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

細かい皺(しぼ)を出した絹織物である縮緬に水辺模様を表した小袖。波模様を細い線で白く染め上げ、萌黄(もえぎ)・鶸色(ひわいろ)・紅・藍(あい)・黄などの絹糸で葦模様を刺繡(ししゅう)。鷺も刺繡である。三つ葉葵紋を白く染め上げた腰下模様の小袖は徳川家の大奥から御殿女中が拝領したものか。

小袖 紫縮緬地芦鷺模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 小袖 / crepe / 縮緬

関連作品

チェックした関連作品の検索