紫紋縮緬地御所解模様小袖 むらさきもんちりめんじごしょどきもようこそで

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  染織 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代後期
紫紋縮緬地
丈175.0cm 裄62.5cm
1領
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

御所解模様には、類型的な風景模様の中に象徴的なモチーフを配して王朝文学や能楽の内容を暗示的にあらわすものがある。上層の武家女性が日常に着用した様式で、この小袖は菊藤を地紋として織り出した紫の紋縮緬地に、鍋島家の家紋である杏葉紋を後身頃に三ヶ所、前身頃に二ヵ所、金糸駒縫であらわす。満開の白梅と葦の生える水辺の風景を腰高にあらわし、前後の左裾部分に鳥兜と鞨鼓が配される。これらの模様から、難波の梅のもとで雅楽を舞う、という能楽『難波』をモチーフにした小袖と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

紫紋縮緬地御所解模様小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小袖 紫紋縮緬地鯉瀧模様
紫縮緬地葵紋付松竹梅菊水模様小袖
春秋草蝶模様小袖
小袖 黒綸子地水辺風景略模様
萌黄地御所解文様小袖
ページトップへ