白綸子地紗綾形花卉模様打掛 しろりんずじさやがたにかきもよううちかけ

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  染織 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代後期/19世紀前半
白綸子地 
丈177.0cm 裄63.0cm
1領
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

白綸子地に紗綾形を具の目に、その間間に牡丹・菊・藤それぞれの花束模様を配する。空間を埋め尽くすように刺繍と摺匹田で模様を表わす。規則的な幾何学模様である紗綾形は摺匹田で表わすが、縁取りの刺繍糸を一つおきに金糸と赤糸とに変えている。武家女性の小袖類に典型的に見られる紗綾形と植物模様の組み合わせだが、整然としていながらも単調さを感じさせない。

作品所在地の地図

関連リンク

白綸子地紗綾形花卉模様打掛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小袖 白綸子地牡丹藤菊花束紗綾形模様
紅綸子地花車模様打掛
紅綸子地立涌花卉模様打掛
打掛 白綸子地藤菊牡丹七宝模様
帷子 白麻地菊牡丹藤紗綾形源氏車模様
ページトップへ