Uchikake (Outer garment) Wisteria, chrysanthemum, peony and interlocking circle design on white figured satin ground

Details

Uchikake (Outer garment) Wisteria, chrysanthemum, peony and interlocking circle design on white figured satin ground

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

1領

 小葵・七宝・紗綾形のように有職風の織り模様を思わせる模様と、四季折々の花の束を交互にあらわすデザインは、江戸時代後期における武家女性の礼装の打掛の様式である。絹地は赤・白・黒のいずれかの綸子地、模様は刺繍の総模様とさだめられていた。  
ルビ:こあおい しっぽう さやがた ししゅう

Related Works

Search items related to work chosen