文化遺産オンライン

小袖 白綸子地牡丹藤菊花束紗綾形模様

こそで しろりんずじぼたんふじきくはなたばさやがたもよう

作品概要

小袖 白綸子地牡丹藤菊花束紗綾形模様

こそで しろりんずじぼたんふじきくはなたばさやがたもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

江戸時代後期の武家女性の礼装に用いられる小袖や打掛は、様式化されたデザインが用いられた。紅・白・黒の綸子地に紗綾形・七宝(しっぽう)・立涌(たてわく)などの幾何学的な模様と、四季折々の花束模様とを組み合わせ、刺繡(ししゅう)や摺匹田(すりびった)(型染めで染めたの鹿の子絞り模様)で模様を表わした。(160422_h081)(190508_h081ルビ追加)

小袖 白綸子地牡丹藤菊花束紗綾形模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 打掛 / 紗綾 / 綸子

関連作品

チェックした関連作品の検索