文化遺産オンライン

打掛 白綸子地菊立涌花束模様

うちかけ しろりんずじきくたてわくはなたばもよう

作品概要

打掛 白綸子地菊立涌花束模様

うちかけ しろりんずじきくたてわくはなたばもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

丈168.2 裄63.6

1領

立涌の中に菊花を配した有職(ゆうとく)風の模様と桜・藤・菖蒲(しょうぶ)の花束を交互に配した模様は、武家女性の礼装用の小袖(こそで)や打掛のデザインである。模様は刺繡(ししゅう)・描絵(かきえ)・型染(かたぞめ)で模様を表わす。豪華ではあるが様式化が進んだ江戸時代後期における大奥女性たちの衣装の様子がうかがえる。(20100308_h081) (20150317_h081)

打掛 白綸子地菊立涌花束模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

打掛 / 模様 / 綸子 / うちかけ

関連作品

チェックした関連作品の検索