文化遺産オンライン

帷子 白麻地唐扇藤牡丹菊模様

かたびら しろあさじとうせんふじぼたんきくもよう

作品概要

帷子 白麻地唐扇藤牡丹菊模様

かたびら しろあさじとうせんふじぼたんきくもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

丈164.2 裄58.6

1領

牡丹、藤、菊といった四季折々の花の折枝を散らし、その間に唐扇を配した、武家女性の様式的なデザイン。型摺による染と刺繡で模様を表わす。上質な麻地である上布で仕立てた夏の衣料。振袖であるから、結婚前の若い女性が着用したであろう。

帷子 白麻地唐扇藤牡丹菊模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / ramie /

関連作品

チェックした関連作品の検索